コンテンツへスキップ

【フランスレポート】フランス国家最優秀職人MOFバーテンダーも使う本格的焼酎イベント開催 スピリッツオブジャパン!

  • by

3月13日(日)14日(月曜日)に本格焼酎と日本酒のイベントSprits of Japanのレポートを致します。。14日からマスクが室内でも義務ではなくなったパリ。ビジネスの再開にむけてのいい時期に行われたのでみなさんのお顔がほころんでたことはまちがいありません。

場所はL’atelier RICHELIEU 60, rue de Richelieu 75002 Paris にあるオープンな貸し会場を借り切って試飲会が行われました。

この数年パリの焼酎業界が熱いというのは知ってたのですが。。でましたね。この漫画x日本酒。。あれといっしょ。今や日本のものを売るときに漫画風、アニメ風が多いですね!

https://note.com/pastis51/n/n65023c55f518

画像
サイトも新時代を感じさせる

そうなんですよ。ソフトパワーの総合戦略をちゃんと踏んでいる。これはテンション上がります。

画像
なにか秘密のミーティングを予感させる入り口
画像
おしゃれなエントランス

内容は一階が日本酒、二階が焼酎ウオッカジンウイスキーなどの蒸留酒となっており、季の美とサントリー六が出てるだけでもこれは飲まなあかんと思い即駆け足で走ったのはこの私です。

文化の違い


御存知の通り、先進国でのアルコール消費が減り、少量高品質プレミアム化されつつある今まず気づいたことをざっと書きますね。蒸留酒とはハードスピリッツ、ラム焼酎ジンウオッカなどで、蒸留酒とは日本酒やワインを指します

画像
私の個人的イメージ

展示会の様子

パリで行われる多くの日本酒関連イベントは日本マスコミ向け多かったのに対し今回は真っ当にこっちのプロ向け。

出店はこんな感じで、国税庁の後援もありました。。

画像
配置図
画像
Sake & Umeshu & Gin
画像
3S Shochu
画像
沖縄からは泡盛
画像
Sake LMDW
画像
サロンデュサケのシルヴァンも来てた
画像
国税庁ブース

特に特筆すべきはフランスのMOF(Meilleur Ouvrier de France)(フランス国家最優秀職人章)のバーマンのクリストフ・デヴォワンヌさんがサービスしてました。MOFってフランスでは職人さんたちの勲章と呼ぶべきもので、バーマン部門は2011年に創立、審査も4年に一回で現在のところ7人しかいない!!そのおひとりが日本のスピリッツを売るために会場でせっせと説明をしてくださってたのです。彼は今サントリーのブランドアンバサダーだそうです。

ほんと、MOFにバーマンカテゴリー作るとか、、フランス人やっぱりすごいわ。食に対する執念が。

こちらがMOFバーマンリスト。フランス全土で7人しかいない国家最優秀職人賞受賞者
https://youtube.com/watch?v=k7fnaEAYtXg%3Frel%3D0
画像
六角堂からインスペイア?yuzu tea sansho.. もうそそる日本キーワードがいっぱい

これってすごくない?さすがの仕掛け人のLiquidLiquidのThierryさんの日本愛も伺うことができよかったです。今後彼らがどう日本のアルコールをパリでどのようにジン・ラム・ウオッカ・ウイスキーと同じカテゴリーで「焼酎」を認知させたことはとても大きな貢献だと思いました。ということで私はこれからも地味に日本酒の認知につとめたいと誓ったのでした。。

画像
Thierry とEric
画像
イベントのみなさんたちと

パリの焼酎事情

https://youtube.com/watch?v=6Po1QdsPb_E%3Frel%3D0

なんでジェトロはこんな良いビデオをもっと見せないのだろうか?と思うぐらい良くできています。ご興味のある方はぜひ

Vinexpoでも紹介されてました

参考URL